既製品でショアラバやる人・・・ブルジョアです(笑


自分はもちろん自作派、タイラバは簡単に作れるうえ自作ラバーで釣れれば楽しいし作るのも楽しい。

しかもショアラバやるならやはり自分で作らないと既製品で一個千円ちかいものを根掛かりでなくすとやる気もなくなっちゃうのでやはりレッツ自作です。

そこでブログネタもなくなってきたので簡単に自作ラバーの作り方を紹介します。

まずは、針の紹介から。
IMG_8101

タイラバは針の刺さりがかなり重要だと自分は思うので刺さり重視で針は選んでます。

がまかつ 一刀チヌの6号 これは針が開いているので刺さり抜群 ただ細軸なのと針先も細いので針先のチェックはまめにしないと根掛かりなんかすると直ぐ曲がります。(船で一日タラバやるときは5セットくらいは使います)

マダイ用の針は太軸なのでやはり刺さりは多少落ちるし、細軸でもドラグの緩いタイラバゲームではこの針でも魚で曲がったことはないです。

ハリスはザイロン、PEなんかが一般的かと思いますが自分はフロロ4号!ただ写真のトルネードはちょっと張りが強いのでもう少し張りがないものがお勧めです。

なぜ自分がフロロを使うのかというと、現場でも直ぐに作れるし根が掛かりしたときに針だけ切れるようにセッティングするためです。

マダイとのファイトでは60cm超えるサイズでも切れることはまずないです、ただフロロなのでクセがつきやすいです。

自分は一回の釣行で何回も針を替えるのでこれも気にしません。

次回へ