週末土曜日はいつもの先輩の船で今期初のタイラバゲーム、

毎年この時期はアタリも少なく眠~い釣なので敬遠気味だったが今年はどうやら様子が違うよう、遊漁船では船中30枚越えの釣果もでているようなので先輩の誘いに即バイト!

朝一のポイントは瀬戸大橋より西のポイントで始めたが反応ナシ、直ぐに前情報の東のポイントに行くと船・船・船!

情報が出回ってるらしく沢山のタイラバ船、マダイもちらほら上がってる様子で魚群探知機の反応も上々潮も1.2~1.3ノットとタイラバゲームでの最高の潮の速さ!

もう、もらったな( ̄ー ̄)ニヤリッ

って感じで45gのヘッドで開始(爆

船長のヒットに続き自分 もう一人と乗船者3人ほぼ同時にヒット、しかも自分のはいきなりの良型。

瀬戸内海の釣の中でもタイラバはやっぱり一番ファイトがドキドキします、固定式のナマリでタイラバ初めた人たちにはみんな バラシというトラウマが刷り込まれてますからねw

しかも、この釣 バラスと船上から野次が飛んできますw

「あ~あ」とか「散った」などの罵詈雑言w

とここまで言ったらバラシたなと思ってるでしょ?

望みどうりにはいきませんよ、なぜなら去年から使ってるタイラバロッド メジャークラフトの(NP-JACK NJB-69/
TR)この竿は今まで使ってきたロッドのなかで自分的には最強。

マダイの追従を知らせてくれるスリップストリームも感じ取れソリッドならではの食い込みそしてアワセも決まりマジオススメの一本

そしてこのロッドで仕留めた今シーズン初のマダイ
016

このマダイもそうだけどこの日は、いつものマダイのアタリ方と違い良型はほとんど モゾと穂先にもたれるようなアタリがでてアワせたら走りだすって感じ。

ベイトの差なのかな肛〇様からはなんか緑のものが出てるので海草系から甲殻類、ベイトなどに餌を変えてる時期なのかな。

ボトムではこんなアタリが多く潮が緩んで食いが悪くなってくると今度は中層でガッツっとヒット!
017

この海域では珍しい魚系ベイトに偏ってきてる固体、見分け方は簡単

なぜなら歯が違うから、甲殻類を食べてる個体(下津井ではほぼこれ系で)歯が丸く、

魚をメインベイトにしてると歯は写真の様に牙になってきます。これはそこまで牙になってないですがイワシ着きのマダイはギザギザの歯になります。
025

なのでこんな歯のマダイが釣れたら魚に着いて中層でベイトを捕食してる固体が居るので、ボトムメインの釣ではなく中層まで巻き巻きしてやると普段取れない魚もヒットさせることが出来数が伸ばせます。

水深40mだと僕は一回転70cmのリールで普段なら15から20回転、ベイト付きが居るなら40回転。この日も実際35回転くらいからのアタリも有り明らかなベイト付きの歯をした固体を2匹ヒット!
029

こんな感じで時合ではボトムで連発、少し潮が緩んであたりが減ってきたら宙層まで探りポツポツ釣って船中14匹そのうち6匹釣らしてもらいました。

あと最後に70いっただろ!っと思った魚は

やっぱり70いってました(汗

031

途中鳥山を発見したが正体はこいつらだったみたい。

034

そんな感じで毎年タイラバは巻くだけで楽しくない眠いとか言いながら実際メチャ楽しんでるおじさんの釣りでしたw

あとフグメチャ美味しかったw
024

白子パンパン!