前回の続でここからメバリングスタートです。

ヒラメが釣れてからは潮が安定しだしメバルもポツポツヒットしてきだしたが今一 嵌めきれない感じでモヤっとした展開、

仕掛けは2.5~5gのキャロに0.3gのジグヘッド!

これでボトム・中層を釣っていく感じ、これでもポツポツとはヒットしてくるが魚信は結構ありそうな感じがしたので他の手を打つことに。

そこで今回のキーワード「タテ」

今シーズン中はこれで何度も爆る展開があり、この釣方は自分の中でのメバリングの一つのパターンになってます。

と、大きな口を叩きましが簡単に言ってしまえば「投げて~落とすだけ」で釣れますw
014

単純ですがこれはタックルバランスが重要でロッドはファーストテーパーの張りのあるアジングロッドが最適自分はメジャークラフトのアジロッドN-ONE NSL-S642AJを使ってます。

ラインはフォールの釣りなのでフロロ3lbを使用、なるべくロッドから魚までのラインが真直ぐになり魚の反応からフッキングまでが一番早いものを使用。

リグはジグ単なのでこの日は1.5gを使用、風や潮の状況に合わせて1~3gを使用。


このタックルで投げて落とすだけです。終わり・・・



ません。

まず、投げる→着水→フォール→アタル→フッキング→釣れるって感じ。終わり・・

ん~説明難しいな~!

スミマセンまじめに説明しますw

まずこの釣りはキャストしてボトムまで落とすボトムでワンアクションしてあたりがなければ回収と本気、縦のみの釣り、

キャスト後テンションフォールで落としていく中でコッときたり、モゾモゾときたり違和感を感じ取り合わせていく釣りです、

メバリング中級者や上級者の方は単なるフォールの釣りやン?と思うでしょうがこのフォールのアタリ感じ取れてない方もいると思います。

実際従来のメバリングロッドやPE、ナイロンライン使用時だと自分でもフォールのアタリをこれだけ感じ取れませんし、ロッドがレギュラーテーパーだとフッキング間に合わない、PEだと少しの風でラインがはらんだりメバルに違和感を感じられやすく乗せきれない、ナイロンラインだとそもそも感度が悪くあたりが出ないなど色々要素があるのでタックルバランスが命の釣りになります。

なのでこの釣りはタックルバランスさえ間違えなければ誰でも実践できる簡単な釣り、

これで人も多いがメバルも多い下津井激戦波止場でもしっかりお土産ゲットできます。

この日も実際キャロの釣りや横の釣りをするより1.5gのジグ単でのこの釣が明らかに効率よくヒットしてきました。
024

フォールにこだわりアタリを感じ掛けていく釣り、楽しいよ~(o^∇^o)ノ

小物釣氏より・・・

  タックル

     ロッド:メジャークラフト(N-one NSL-S642AJI)
     リール:セルテート2500番サイズ
     ライン:フロロ3lb