ひたすら釣りをし続け、夜はまたまた笠岡。

まずはチヌの時合いがAM1:00の満潮前後だからそれまではベイカを探して寄島→紗美へ

行ってみたものの留守でした。

同釣者がボラの口にジグヘット放り込んで遊んだのみで終了!

あと2週間後かなベイカは。


早々に諦めて次のターゲットチヌ!
P6230340

アナゴはチヌを釣ってる間、放置の投げ釣りで狙います。

結果、投げ釣りの釣果はアナゴ1匹・セイゴ1匹のみの撃沈。
001


メインのチニングはまず2年ぶりのポイントということでまずはボトムのマテリアルチェックから開始、

2年前のポイントは解ってたが、遠浅干潟ポイントなので底がゴツゴツする場所も砂をかぶりポイントが変わってる可能性があるので。

なので、3号の丸オモリにハリ、ワームで底を確実に取り根掛を怖れることなくボトムチェック、あわよくばこの仕掛けでもチヌは喰ってくるので釣れたらラッキー的な感覚でスタート!


広範囲に一通りボトムチェックしてポイントを絞ってからチヌ用のルアーに変更!7gからスタート

ルアー変更後しばらくしてポツポツとあたりが出だし、満潮前にはチヌ確定のアタリが2回ほど出たが、どうも食いが浅く最初のアタリのみで追ってくる気配がなくフッキングまで持っていけず苦戦。

これで上げ止まりの時合いは逃してしまい下げ始めに賭けることに、

渋い状況ぽっかったのでルアーを5gにしてワームはカットしてなるべくシルエットを小さくして下げ始めの潮を狙うと

やっとフッキングまで持ち込めなんとかホゲ回避!
007

30cmないくらいのキビレですが

まぁ狙って釣れたらやっぱ嬉ですね!

この後同釣者がセイゴを釣って潮が引いてきたので終了しました。

久々のチニングは結構あたりもありなんとか釣れて楽しめたが満ち上げのタイミングをものに出来ずモヤモヤ感が少し残ったかな!

近いうちリベンジしたいな。

  ロッド :K.Gライツ(KGL-S742deep

  リール :セルテート 2500

  ライン :PE0.4

  リーダー:6lb