前回の続きですが、マダイを釣り上げた後ひたすらジグを投げ続けていると足元を無数のハマチが群れをなし潮下に泳いでいく光景を目撃!

今日一のチャンスと思い喰わせに絶対の自信を持つスミスのサージャーを付けキャスト!

まぁこれが最大のミスでしたね、風は向かい風 潮に乗せ流し込んでからハマチの泳層を探る作戦がこのタイミングではジグで掴めていた潮が1oz程しかないルアーでは掴み切れない、盛り上がる潮+向かい風にルアーが持ち上げられ沈みきれない(´?д?;`)

これで最大のチャンスを逃し、またも沈黙の時間が!

それから次のチャンスは潮が8割ほど下がった午後3時、僕が最後のチャンスタイムなるだろうと予測していた時間です、何故かは潮がもっとも動く時間と青物の夕マズメは他の魚と比べ早くだいたい3時から日暮れ前に活性がもっとも上がるからです。

予想通りこのタイミングでキャストでは届かない範囲だがイカが追われスミを撒き散らす光景があちこちででだした、

そしてまたも足元を通り過ぎる青物の群れがオオーw(*゚o゚*)w

すかさずジグをキャスト、流れに入れ込んでしばらく流しワンピッチで誘ってやると

ガツーン!

と、ロッドを止めいきなり絞り込む 直ぐにフッキングを入れ主導権を取ろうとロッドを立てるが、今度は一気に突っ込みリールからラインを強引に引き出していく!

先程より明らかに強い引き、ファーストランで5mほど走りそこから激しく暴れ抵抗する、しばらくロッドテンションをかけて耐え引きが弱まった瞬間に一気に寄せる!

今回も流れの芯から出ると思いのほか簡単に寄ってくる、今回は前例も有るので容易に相手の姿が想像できる。

手前のシモリの位置も確認できたので強引に魚を誘導してくる、水は澄み潮なのである程度の距離で魚影が確認できる。


でかい!沖の島でハマフエフキでも釣り上げたような迫力。

そして、タモに誘導してキャッチ!

021

船・陸合わせても自己新記録75cm(☆゚∀゚)
018

狙って取った魚なら震えてましたね、まぁ外道でもこのサイズは嬉しいです!
016

本命は急激な寒気の影響で食い気がなく残念ながらヒットしなかったが新しい発見もあったので50点の釣行でしたね。

新しい発見と言うのは大型マダイの生態ですが、しまなみで遊魚船をしている人の話だと去年もこの時期にマダイが背ビレを海面から出して泳いでたらしく表層の釣りで60~70cmサイズを一日で14匹も釣ったそうです。
022

今回の魚もどちらかというと上で食ってきたのでそのパターンだったんでしょうね、それに腹を割いてみるとイカを食べていたことから、表層でイカを食っていたのは青物だけではなくマダイも捕食していたのかもしれません、


激流でイカが流されるポイントならではの状況かもしれませんが自然はほんとに何があるかわからない

まぁそこが釣りのオモシロいところなんですがね!!





061

子供も食事の手が止まるほど唖然としてました(笑)