今週はしまなみにショアジギに行こうと決めて、一年に一回と決めてる釣りの為の有給休暇を金曜日に取ってたんですが・・・この寒波。゜(´Д`)゜。


気象庁の天気予報を見ても釣をする時間帯は常に風速10m以上!しかし、有給をとったからには行かなくては愛釣家の名が廃ると、撃沈覚悟で挑んできました。


まぁ、現地に着くと期待を裏切らない爆風、前を向いて釣が出来ないほど。

ジグキャスじゃなきゃ間違いなく釣りになりそうにない状況!

そして釣り開始から2時間ほどは何の反応もなく耐え忍ぶ時間がすぎたが、次第に潮が効きだしてジグを流れに乗せるとグングンと沖に払い出していく潮に、


ジグは95gのロングジグ(スミスのマサムネ)しまなみではこの時期タチウオがベイトになるのでロング系はジギングのセオリーですね、ショアキャスではそこまで気にしなくていいですが以前8kg前後のブリを同じ日に3本ヒットさせたこともあり僕の勝負ジグです!

このジグを激流に乗せ沖へ沖へと流していくとその最中にラインが勢いよく走りだす!

ベールを返しロッドを立てフッキング、ロッドに伝わる生命感は明らかに大物のそれ!ジグキャスロッドをグングンしならせる。

掛けた瞬間は激流の潮の影響もあり激しい突っ込み!数十秒はこれをロッドのパワーで耐えて、ラインに伝わる奴のテンションに変化がでた瞬間に強引にハンドルを巻き寄せる!

本流筋から魚がでると奴も諦めたのかこちらの思いどうりに寄ってくる、掛けた瞬間はともかく青物にしては力強さがない、しかしなかなか浮いてこないと思ってたら手前の駆け上がりにまさかのスタッグ!

油断した!!(≧ヘ≦) ムゥ

一瞬の隙をつき魚は岩場のエグレにジグを咥えたまま逃げ込む、ジグのアシストフックはシングル 針はしっかり魚に掛かってるのでハリが磯に引っ掛かる心配はない。

自身も何度も味わってきた此の状況、勝率は50%と考え勝負にでてラインテンションを抜く!

そして数秒待ちロッドで煽る、これを三度ほど繰り返すとプン!という感触と共にロッドに戻る生命感!!

「ヤッタ!!」

思わず叫びそこからはシャカリキにハンドルを廻しタモをに誘導する!


正体はやはり立派なマダイ!ロングジグに渦が出来るような激流なので最初は確実に青物と思ってたが、釣り中級者の僕のまたまた思い込みだったようだ。

それでもしっかり手にすることが出来たこの魚で
012








『ティ~ティ~リティティ~』.。゚+.(・∀・)゚+.゚







レベルが上がった感じですw
002

63cmとめちゃくちゃデカくはないですが、
005

この魚との戦いが更なる大物を僕と出会わせてくれることを誰も知らなかった・・・・




とか、書いてみたんですが長文になってしまったので皆さんが読むのも・・と言うか僕が書くのに疲れたので続きは後日に綴りたいと思います。


釣果の方は先に紹介しとくとこんな感じでした。
057


                                   疲れた~!!