よく潮が動く干潮の砂浜でたまに見るんですが、下津井の砂利浜で読み間違えたお魚を発見!

001


                                  「ここまで潮が引くとは!」

002


  「やばい、(((( ;゚д゚)))海水までの距離2m。潮が返してくるまであと3時間はかかりそう・・・」

必死に耐え忍ぶ姿のベラに、ジカタ青物を狙い始めての貧果に心くじけそうな自分の姿が重なり

そっと手を差し伸べ海までの距離2mですが、小さな命を救助してきましたw


これは潮を読み間違えた魚の話で、もう一つの読み間違えは青物狙って2日続けて同じポイントに入った自分です。

今までの経験上、マズメ時の青物の反応は大体同じ時間に同じポイントで同じ反応があることが多く、当日駄目でも状況を理解した翌日ならヒットチャンスは格段に上がるんですが、

ここ最近のジカタ青物のチャンスは刹那的な感じで僕は朝の一時間勝負で行ってるのでチャンスはワンチャンスのみ、

この日も前日の状況から青物の反応があるのは6:20~6:40分の間とふんで、ロッドも振らず魚の反応に直ぐ対応できる体制で待機してたんですが、まさかの

反応ナシ・・・

ろくにジグを振ることなく撃沈してしまいました(泣)

釣り場であった地元のおじさんによると、先週の週末は波止場に15人ほど釣り人がいて青物が上がったのは2匹らしい、

こんな激シブな状況にそろそろ挫けそうな自分!そろそろ魚釣りたいw

ひたすら、ろくに釣果のないブログスミマセン・・・

そろそろ、僕も誰か助けてくれないかなw